究極の謎!ブラックホールはどうやってできるのか。


ブラックホールは、ドイツの天体物理学者であったカール・シュバルツシルトがアインシュタインの一般相対性理論の方程式から、1916年にブラックホールという天体の存在を導き出しました。


現在ではブラックホールという名は世界でも有名になり、多くのひとに知られていますが、実はその撮影に成功したのは2019年になってのことなんです。

​​

今回はブラックホールとは一体何なのか。一体どうやって出来るのかをご紹介します!



ブラックホールとは

ブラックホールは黒い穴という意味で、超巨大な星の寿命が尽きた時に発生する天体です。 ​​ 星の中心にある核(コア)の寿命が尽きて消えてしまうと、その星が自分の重さを支えきれなくなってしまい、全ての物質が星の中心に向かって落ちていきます それによって中心の重力はどんどん強くなって超高密度となり、最終的には光でさえもその重力から逃げ出せないほどになります。 これがブラックホールです。何だか凄まじいですね。 現在ではあたり前のように知られているブラックホールですが、撮影に成功したのは2019年4月のことで、やっとその存在が明らかになりました。


太陽もいずれブラックホールになるのか