「食品添加物大国」日本で絶対に買ってはいけない16の食品!


日本の食品は安心で安全!というイメージがありますが、残念ながら日本は世界一の食品添加物王国です。

添加物は保存料としてだけではなく、あらゆる加工のための調剤としても使用されています。

特に加工食品は、添加物によって「超加工食品」として違う進化をしているのです...。

今回は、その中でも最も食べ続けてはいけない15の食品をご紹介します。



超加工食品とは?

現在の優れた添加物によって、ある食品は超加工食品へと進化しています。

そんな超加工食品の一部の例をご紹介します。絶対に購入はオススメしません!

・30種類の添加物が調合された魔法の「白い粉」によって、廃棄寸前の腐りかけの肉はミートボールへと蘇る。

・タンパク質の水増し&着色料でつくられ、激安で販売しているハムソーセージ

・海外製の濃縮ブドウ果汁を水で薄めて発酵させれば「国産ワイン」として生まれ変わる。

・コーヒーミルクの中身は水と油と添加物の100%で出来ている。