開発不可能と言われていたLED!世界の科学者が挑んだ長い長い歴史


低消費電力で長寿命という素晴らしい特徴を持つLED。

現在では、あらゆる照明器具がLEDとなっています。

LEDは最も新しい照明器具だと思われていますが、実はLEDの歴史はとても長く、何と半世紀も前に開発されていました。

ただ、現在に至るまでには開発に多くの困難と長い道のりがありました。


今回はこのLEDの長い長い歴史についてご紹介します。



LEDとは?

LEDとはlight emitting diodeの略で、発光ダイオードともいいます。

発光ダイオードといえば、かなり多くの人が聞いたことがあるかもしれません。


例えば、昔のブラウン管テレビや様々な電化製品などで、電源ボタンが赤や緑に発光していたと思います。


あれがLEDで、当時は発光ダイオードと呼んでいたものです。



開発不可能といわれた発光ダイオード