Appleの販売戦略に学ぶ、iPhoneの成功の秘密

最終更新: 8月13日


スマートフォン世界シェア第3位のApple(アップル)。iPhoneを始め、様々なスマートデバイスを販売しており、日本では現在3人に1人以上がiPhoneを利用しているほど人気のメーカーです。

ですが...

実はこの人気は日本だけなんです。

世界では10人に1人程度しか使っていません。

しかもこのシェア率は日本を抜いたらさらに下がることでしょう。

では、いったい何故こんなにも世界との差があるのか。

何故日本だけが世界と逆なのか。

それは、Appleの高い販売戦略にあるのです。

この販売戦略の魔法に多くの日本人が掛かっているのです。

今回はAppleの高い販売戦略によるiPhoneの成功の秘密をご紹介します。



Appleの販売戦略

Appleの販売戦略は「いかに高い利益を獲得できるか」という点にあります。

Apple社が公表している販売戦略は

『 生産コストが安い製品を高額で販売するための最高のプロモーションを行うこと。』

です。

つまり、安い商品をいかに広告やCMなどで最高の商品だと宣伝し、高額で販売するか。ということです。

確かにiPhoneを始め、Apple製品のCMはどれも魅力的でクオリティの高いものばかりです。

これによって詳しい内容も知らないのに、非常に優れた商品だと思ってしまいます。

さらに、値段も高いので勝手に高級品で良いものだと信じてしまうのです。

これこそが、Appleの高いブランディング効果による販売戦略です。

そして、より値段が高いものこそが良いものだと思ってしまう国。

つまり、Appleの販売戦略に最もハマってしまったのが日本だったのです。



変わってしまったApple

Apple社の共同設立者であり、CEOであったスティーブ・ジョブズがいたころは、iMaciPodなどをはじめ、夢のようなデザインの商品を世に送り出しました。

そして、iPhoneが登場したときは、世界中がワクワクし新しい未来を体感しました。

スティーブ・ジョブズが亡くなった今、魅力的なデザイン、機能などAppleらしいものは無くなってしまいました。

いや、出せないといったほうが真実なのです。

iPod、iPhone、iPad、Apple Watchなど、これまでアップルの象徴的な製品をデザインしたチーフデザインオフィサー(CDO)、ジョナサン・アイブもAppleを去りました。

Appleがスティーブ・ジョブズが率いた「デザインファースト」の時代から脱却していることが理由だと言われています。

その結果、『生産コストが安い製品を高額で販売するための最高のプロモーションを行うこと。』という非常に残念な販売戦略を打ち出すこととなりました。

2017年のiPhoneXから数年経っても、ただアップデートだけしか行われない同じデザインの商品。

耳うどん。とまで言われたAirPods

ダサすぎる3眼カメラだけが付いたiPhone11

もしもジョブズが生きていたならば、絶対にこんなことにはなっていないでしょう。

新製品の発表のたびにあんなにもワクワクした夢のような商品をつくるAppleはもういないのです。



iPhoneの販売価格は国によって大きく違う

Appleの高い利益を獲得する戦略は、単純に販売価格にもあります。

実は国によっても大きく値段を変えています

例えば↓のようにアメリカとヨーロッパの場合、約3万円以上も値段を上げて販売しています。

・米国:1,064ドル(約11万8,000円) ・EU:1,159ユーロ(約14万9,000円)

もちろん関税などがあるため、アメリカ以外の国は高くなるのですが、ここまで上がることはありません!

これは高級品思考の国に対してのブランディングで、高い利益を獲得するための販売戦略の1つです。



iPhoneの原価は安い

iPhoneの生産ラインはオートメーションが進化しているため、組み立てに掛かるコストはごくわずかです。

さらに、日本ではAppleがすべて研究開発しているようにプロモーションをしていますが、実は自社開発は少なく、研究開発への投資額も、他の競合メーカーと比べて少ないのです。

よって、例えばiPhoneXの場合、すべてを合わせても400ドルに満たないそうです。

また、新商品にはデザイン費用が大きく掛かりますが、Appleはここ数年ほとんどデザインを変えず、ただアップデートだけを繰り返しているのでデザイン費用も掛かっていません

さらに機能面で言うならば、例えばiPhone11はAndroidで言うならばミドルスペック程度です。

価格で言うならば、5万円のAndroid端末にも満たない端末しかありません...。

それが10万円程度の金額で販売しているのです。



信者をいかにつくるか!

iPhoneの販売戦略は他にもあります。

それは、Apple製品しか買わないApple信者(ファン)をいかにつくるかです。

独自の規格によってApple以外ものはなるべくリンクしないようにし、Appleの製品であればどれもリンクし、フルパフォーマンスが出来るようにしています。

もちろんこれは他のメーカーでも行っています。

ただし、Appleの戦略の違いは、

「Appleの製品が世界最高!」だと思わせることです。

CMなどをみれば、「スマートフォン至上最も優れている!」などと言っているように見えますが、バッテリー、防水、ディスプレイ、カメラにせよ、実はすべてこれまでのiPhoneの中で1番なだけなのです。

他のメーカーは「世界初」「世界NO1」などと、他の企業との比較で宣伝しているのに対し、Appleは自社の中で過去最高だと言っているのです。

また、これまでの商品においても我々日本人がAppleが世界初だと思っているものがあります。

×:スマートフォンを発明したのはApple

〇:正解はノキア

×:スマートフォンにカメラや音楽プレーヤー機能を付けたのはアップル

〇:正解はサムスン

Appleは世界を変えてきましたが、実は世界初というのは少ないのです。

こういった戦略によって、Appleは1つのブランドとしての確立し、Appleのものしか買わないというApple信者を増やしていきました。

その信者の獲得に最も成功したのが日本なのです。



iPhoneがサクサク動く理由

iPhoneが優れている点に、多くの人はサクサク動くから。という理由が多かったと思います。

これは事実そうでした。実はこれにもAppleの戦略がありました。

Android端末は購入した時点で、docomo、au、ソフトバンクなどのキャリア専用のアプリや機能が追加搭載されているため、使用できるメモリがデフォルトで少なくなっているので、すぐに重くなってしまうのです。

iPhoneはこれを避けるため、キャリアのアプリや機能の追加搭載をNGとしました。

また、Androidと比較して、iPhoneはデフォルトの機能が非常に少ないです。 ハイスペックのAndroidユーザーからすればビックリすることでしょう。

この機能の少なさもiPhoneの動作が軽いことに繋がっています。 逆にAndroidは機能が多すぎる気もしますけどね...。

処理能力の低いコアや、メモリが低い、安いライトスペックのAndroid端末を使用しているユーザーが、Androidは動きが遅いと言った評価もiPhoneの後押しになりました。



魔法が解けない日本人

このように、ハイセンスなCMやプロモーション、また高価=高級品というブランドイメージによって、我々日本人はApple=最も優れたブランドだと洗脳されてきました。

また、日本のメディアもイメージダウンになることを書けば、不評や掲載が出来なくなるのでずっとiPhoneを始めApple商品を常に良い評価をしています。

Apple対●●メーカーという比較はもう見慣れているはずです。

ただ、世界からはこう言われています。

・「ミドルスペック端末をハイスペック端末価格で販売しているぼったくりメーカー。」

・「メモリを少し上げただけで数万円も高くなる。しかも外部メモリを使用できなくさせているので選択肢すらない悪徳メーカー。」

・「CMで防水、バッテリー、カメラが最も優れているとか、2年前のAndroid端末と同程度しかないのに。」

・「何年も同じデザインしか出さないなんて信じられない。しかもどんどんダサくなってる。」

などと言われており、iPhoneX以降は特に不評です。

これまで日本ではiPhone信者たちが「iPhoneは完成されているからデザインが変わらない」などといった魔法の言葉によって、長くトップの市場を保ってきましたが、現在ではこの日本でもiPhone離れが加速しています。

現実はこうなのです。

・iPhoneよりもハイスペックなAndroid端末が5万程度で売っている。

・デザイン、カメラ、ディスプレイ、機能のほぼすべてがAndroid端末の方が上回っている。

・proという機能に見合わないネーミング。

・デザインがダサい。

・AirPodsは付けてる自分の姿を見てほしい。本当にダサい。

もはや夢のような商品をつくるAppleは存在しません。

そして、その長い魔法も日本でも解けてきているのです。



まとめ

いかがだったでしょうか。

世界では、フォルダブル(折りたたみ)や5Gなど2019年初頭からかなり話題となりました。

ですが、2019年の9月に発表されたAppleの発表は何一つ新しく感じるものがありませんでした...。

2年前と同じデザインの端末に、数年前にAndroidで盛り上がった3眼レンズ、且つ非常にダサいデザインのものが付いただけのiPhone11を見たときは、これで終わったなと非常に残念に思いました。

最後に感動したのは、iPhone Xのときが最後でしたね。

あんなにも新製品の発表を待っていた頃がもう懐かしいですね。

筆者としては日本のメーカーを応援しています。

残念ながら世界のシェア率が非常に低い日本のメーカーのシェア率が増えることを期待しています!

さて。

みなさんは今何を使っていますか?

次に何を買いますか?

もしも、今販売されているAppleの商品が、Apple以外のメーカーであっても買いますか?

それならいらない。

と思ったあなたはAppleの販売戦略に見事にハマった人です。

もちろん、この先はどうなるかはわかりません。

ワクワクとする夢のような商品をつくるAppleに戻ってくれることを期待しています。

今後の端末の購入を選択する際に、少しでもみなさまの参考にしていただければと思います。



新着記事

カテゴリー

人気のコンテンツ

10801
乳酸菌は1日にどのくらい摂取すればいいの?衝撃すぎる真実とは!
01
モッピーで月8万達成!稼いだ方法や貯めるコツを完全解説!
10403
最高のグランピングを楽しむためのオススメの必須アイテムとは?
10201
希少な極上肉「熊野牛」が通販で買える!日本でただ1つのお店とは?
04512
友だちの友達の友達のポイントまで入る!話題の「ポイぷる」とは!
10301
お米を食べてダイエットが出来る!糖質・カロリーを50%カット!
01
定期的にマスクが自宅に届く!低価格で便利なサブスクサービス!
09902
プロテインは太る!ダイエットや健康に最も効率的な飲み方とは?
m o r e

RARE CHRONICLE

follow us

  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook

© 2020  RARE CHRONICLE