世界一の食品添加物王国は日本だった!危険すぎる衝撃の認可数とは!

更新日:2 日前

世界の国と比べると日本は魚や野菜、肉などあらゆるものを生で食べる習慣があります。

もちろんこれは日本が恵まれた気候のおかげでもありますが、日本の高い衛生技術によって、新鮮で清潔で安全が保たれているからこそ生でも食べられる!


というイメージを持っている人も多いと思います!

ただし、その鮮度と安全を支えているのは...

食品添加物です。


実は、日本は『世界一の食品添加物王国』なのです!!

今回は、そんな信じられない日本の危険すぎる衝撃の真実!をご紹介します。

世界における食品添加物の認可数は?

食品添加物は各国によって使用できるものが決まっており、その種類も限られています。


ではまず、他の世界の国ではどのくらいの種類の添加物が使われているのでしょうか?

■食品添加物が許可されている種類


・アメリカ:133種類

・ドイツ :64種類

・フランス:32種類

・イギリス:21種類

やはりアメリカがダントツに多いですね。アメリカにはカラフルな食べ物がたくさんあるので、添加物が多く使われているイメージがありますよね。


また、こう見るとフランスやイギリスの食品がどれだけ安全なのかもわかると思います!


ヨーロッパでは「安全に作られたものは美味しい」という食に対する美意識を持った国が多いためです。



日本における食品添加物の認可数は?

では、日本ではどのくらいの種類の添加物が認可されているのでしょうか。

■日本で認可されている食品添加物の種類


・指定添加物:約400種類 ・既存添加物:約400種類 ・天然香料:約600種類 ・一般飲料物添加物:約100種類

なんと、合計『約1500種類』もの添加物が認可されているのです!!


なんと、日本はアメリカの7倍以上もの種類の添加物が認可されているんです...

もちろんこれは安全基準が法で定められている先進国のランキングとしては世界一です...


なんか...信じられませんよね...。


特に体に害がない香料を抜いたとしても、900種類以上もの添加物が日本では認可されているのです...。


「日本の食品は安心、安全!」は添加物によって守られていた!

「日本の食品は安心、安全!」といった日本のイメージは、国やメディアによって我々日本人がずっと洗脳されてきたウソの情報だったのです...

日本の食品は新鮮で安全で清潔だから、生で食べられたり日持ちするのではありません。


添加物によって守られているのです!!

添加物が多く使用されている危険な例としては以下があります。


・「着色料、合成保存料は使っていません」は他の違う添加物を使っているだけ。


・激安食品は添加物の塊。


・激安な飲食店では添加物によって超長期保存可能な食材が大量に使われている。


・惣菜についてくる醤油は、添加物でつくった醤油味のタレ。


・常温でも異常に長持ちする添加物で固められた和菓子。


・長期保存可能な添加物だらけの冷凍食品。


・微生物の活動を抑制する添加物が入った清涼飲料水。


・自然な色でキレイに見せるための危険すぎる着色料。


・菌の繁殖を添加物で抑えた茹でずに食べられるチルド麺。


・添加物でピンク色に保たれた明太子やたらこ。


・油の代わりに添加物で作られたノンオイルドレッシング。


・添加物でコーディングされた何日も腐らないマグロの切り落とし。


などなど、日本で使われている添加物で出来た食品は多すぎて書ききれません...。


むしろ添加物が使われていない食品を探す方が難しいです...。


これだけを見てもスーパーやコンビニ、飲食店など我々の身近な場所でもすぐに思い当たるものは多いかと思います...



添加物を食べ続けるとどうなるの?

では、食品添加物を食べると一体どうなるのでしょうか?


まず各食品に添加物が使用されているのはごくわずかな量です。