海外もお小遣い制なの?世界の家計の管理方法を調査してみました!

更新日:6月16日

日本では結婚すると嫁が夫の給料をもらい、夫にお小遣いを渡して財布の紐を管理するという「お小遣い制」があります。


日本ではよく見られる家計の管理方法なのですが、世界ではどうなのでしょうか?


そこで、今回は海外の家庭ではどのように夫婦が家計を管理しているのかを調べてみました!

 

目次

お小遣い制がある国

お小遣い制がない国

最も良い家計の管理方法はなに?

まとめ

 

お小遣い制がある国

日本では家計の管理は妻が行っている割合は約60%、夫が管理している割合は約25%、共同で管理は約15%だというデータがあります。


つまり、妻が管理している割合は共同で管理も含めれば約75%ですので、家計の管理は妻が行っている割合がとても高いですね。


では日本のように、妻が家計を管理している割合が多い国はどこなのでしょうか。


▼妻が家計を管理していることが多い国

日本

韓国

ベトナム

中国

シリア

タイ

ミャンマー


なんとアジアが多いですね!この中でも韓国やベトナムは日本と同じようにお小遣い制が一般的で、その他の国は割合としては多いそうです。




お小遣い制がない国

では、妻が家計を管理するお小遣い制ではない国ではどのように管理しているのでしょうか?国ごとに見てみましょう!


フランス

夫婦で共通の口座を使うのが一般的。


ドイツ

夫婦で共通の口座を使うのが一般的。


イギリス

夫婦で一緒に管理することが多い。


イタリア

夫婦で一緒に管理することが多い。


スペイン

夫婦で一緒に管理することが多い。


オランダ

夫婦で一緒に管理することが多い。


アメリカ

夫婦で一緒に管理することが多い。


カナダ

夫婦で共通の口座を使うのが一般的。


ブラジル

共働きだと個々で管理し、妻が専業主婦の場合は夫が管理することが多い。


インドネシア

夫が管理するのが一般的。


トルコ

夫が管理するのが一般的。


フィンランド

個々で管理して、どちらが何を払うのかを決めることが多い。