絶対に失敗しない在宅ワーク案件の見分け方を徹底解説!

更新日:6月17日

現在、新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言によって、急激に在宅での仕事が増えています。

在宅ワーク、テレワーク、リモートワーク、在宅勤務、モバイルワークなどその名称も様々なものが存在するようになりました。

また、在宅勤務でのライフワークを推奨している企業も増えてきており、今後はますます在宅で仕事をすることが増えていくことでしょう。

これに伴い、クラウド上で仕事の案件を紹介している在宅ワークサービスもますます増えており、参加企業や案件も急激に増えています。

ただ、いざ在宅ワークを始めて仕事の案件を受注しようと思っても、いったいどんな案件がよいのか判断が難しいと思います。

実は在宅案件には、勧誘目的だけの案件、セミナーに参加させて何かを購入させたり、SNSのアカウント情報を盗むなどの悪質な案件が非常に多く、騙されたり被害にあう人も多くいます。

お金を稼ぐどころか、お金を騙し取られたり、最終的にタダ同然の報酬しか貰えないこともあるのです。

今回は、ある在宅ワーク専門のサービスでプロワーカーにも認定されている筆者が、ちゃんと稼げる案件を獲得するために、絶対に受けてはいけない案件の見分け方などを徹底紹介します!

これから在宅ワークを始めようという方はぜひご覧ください!


簡単に仕事が出来る!オススメの在宅ワーク

在宅ワークを始めようと思っても、在宅ワークの専門サイトはたくさんあるので、どのサービスに登録していいか迷ってしまいますよね。

まずはオススメの在宅サービスからご紹介します!


クラウドワークス

在宅ワーク専門のサービスではおそらく日本でNO1でしょう!

参加企業、案件数、セキュリティ、振り込みのスピード、サイトの使いやすさや見やすさなど、最も優れています。

在宅ワークを始めるなら、とにかくまずはクラウドワークスから始めることをオススメします!

また、一定の基準を満たしてクラウドワークスのスタッフに認定されるとプロワーカーに認定さます。

自分のプロフィール欄にプロワーカーのアイコンが表示され、より単価の良い案件や、クライアント側からスカウトでの依頼が直接届くようになります。

よって、長期的に続けていくならクラウドワークスから始めましょう!


また、筆者はクラウドワークス以外にも在宅サービスを利用しています。

┃Bizseek(ビズシーク) 支払い額から引かれるシステム手数料が業界で最安です。 少しでも儲かりたいのであればオススメしますが、案件数がまだまだ少なく、機能的にもクラウドワークスには及びません。

┃在宅ワークス 案件の絶対数がまだまだ少ないですね。深夜に新規案件の紹介メールが届くなど、まだまだサービスとしては至らない点が多いです。利用するのはもう少し先がよいかと思います。

他にも同じ在宅ワークのサービスはいくつかあるのですが、実は同じ案件が多いですね。

つまり、クライアント側が同じ案件を複数のサービスで募集しているんです。

例えば募集人数が3人。と書いてあっても、同じサービス内で3人ではなく、複数のサービスで3人のワーカーを募集していると思ったほうが良いですね。

よって、最も参加企業の多いクラウドワークスから始めることが良いでしょう。




在宅案件は何から始めるのがオススメ?

在宅案件にはいろいろなジャンルの案件の募集があります。

最初のうちは、いったいどれから始めればよいのかわからないことも多いと思います。

まずは、報酬を貰えるまで一通りの流れを理解するためにも、最もカンタンなアンケートなどから始めるのがよいでしょう。

単価はとても低いのですが、仕事の流れやシステムの仕組みを知るためにもまずは早く流れを知ることが大切なのです。

また、各案件には採用人数があり、案件に応募する人はたくさんいるので、応募したからといって必ず採用されるわけではないですし、採用されたからといって即契約というわけではありません。

よって、複数の案件に気軽な気持ちでまずはいくつか応募してみましょう!

ちなみにアンケートであれば、モッピーのほうがはるかにお金を稼げますので、アンケートでコツコツ稼ぎたいという人にはモッピーがオススメです!



絶対に応募してはいけない案件

在宅ワークで働くワーカーの人たちには、はっきり言って社会経験の多い、いわゆるプロは非常に少ないです。 そのワーカーの多くは素人や学生、または主婦や主夫の方ばかりです。 よって、こういったワーカーの人たちを狙った悪質な案件が非常に多いんです...。 その多くは、勧誘目的でSNSアカウントを聞き出そうとしたり、仕事を受ける前にセミナーを受けてほしいといって、逆にお金を支払わせたりするものなど様々です。 筆者も在宅ワークを始めたばかりのころは、うっかり騙されそうになったことが何度もありましたね...。 ここでは、絶対に応募してはいけない案件の特徴をご紹介します!


┃本人確認が未確認ステータスの案件 各在宅ワークのサービスでは、会員の本人確認機能があります。 これは、個人情報を運営側に開示することによって、本人であることを証明するもので、本人確認の取れた会員には「本人確認済み」というステータスが付きます。 案件を募集するにも応募するにも会員登録が必要です。 よって、案件を募集しているユーザーが本人確認が取れていれば、その案件は安心度が高いということになります。 悪質なユーザーは、複数のアカウントを持っているので本人未確認のままが多いです。 まず、案件を探す前に「本人確認済みのユーザーだけ」などのフィルターをかけてから検索しましょう。 これで多くの悪質案件を非表示にすることができますよ!

┃高額案件 報酬額が「50万~100万」などといった数十万以上の高額案件がよくあります。 応募すると、「この後はSNSで連絡しましょう。」といったり、「まずはセミナーを受けて下さい」といったアカウント情報の獲得や、セミナーの受講料を払わせたりする悪質なものばかりです。 また、「まずは●●を購入してください。お金は後で回収できる出来るので安心してください。」 といったものもウソで、絶対にお金は返ってきません! 在宅案件においても外で働くのと同じです。短期間で一気に大きく稼げる仕事はありません! よって、高額案件には絶対に応募してはいけません。